商品市場レポートについて

MRA 商品市場レポートと従来のリサーチレポートとの比較

MRA 商品市場レポート for PRO
MRA 商品市場レポートと従来のリサーチレポートとの比較
他のレポートとは「違う!」5つの特徴

図

プロの皆様が気になる「商品市場」と「各金融市場(株式/ 為替/ 金利)の関係や、「商品市場全体」と「個別商品市場」の関係といった各市場間の「関連性」について、俯瞰的な視点から「横串」を通して総括いたします。
また、市場参加者が現在注目している特定材料に関して、読者の皆様に、「ポイントをおさえながら市場全体を把握できる形」でまとめております。
これは、14 年間商品市場に従事した新村を筆頭に、商品市場ならびに金融市場を知り尽くした弊社アナリスト陣だからこそなせる技術です。この技術があるからこそ、弊社アナリスト陣は日経や東洋経済といった情報誌からテレビ東京などの映像メディアまで幅広く認められているのです。

2 「深さ」が違う!

企業経営における「リスクマネジメントの視点」や調達・運用戦略にダイレクトに使える「ヘッジ・オプション戦略」など、プロの皆様の業務に役立つ分析(MRA's Eye)を掲載しております。
MRA's Eyeはニュースの記述などの異なる事象の羅列ではない、一段、二段、「深く」掘り下げた MRA リサーチ独自の分析です。多くのプロの皆様にもご納得いただいております。
これは、グループ会社で培った多数の事業法人顧客へのコンサルティング経験により、プロの皆様のニーズ(知りたい情報)を熟知しているからこそ可能な技術です。

※株式会社マーケット・リスク・アドバイザリー(MRA)
事業会社における価格変動リスクマネジメントを専門とするコンサルティング会社

「取扱商品数」が違う!

プロの皆様であるがゆえに、ご自身の担当商品以外のカバーすべき商品領域や、最低限知っておきたい他商品のトピックスは広いはず。本レポートでは、エネルギー/非鉄といった主要な商品から、鉄鋼原料/貴金属/農産品といった最近注目の商品まで幅広くカバーしております。
読者ご自身のエリアはもちろんのこと、ご自身のエリア外の動向までこのレポート1 つで十分です。

エネルギー 非鉄(ベースメタル) 鋼鉄原料 貴金属 農産品

「配信方法」が違う!

お忙しいプロの皆様のご利用シーンを最大限に考慮し、テキスト形式(メルマガ)で配信いたします。PDF やワード、パワーポイントといった添付ファイルでは、閲覧が制限されてしまう可能性もありますが、テキスト形式であれば、閲覧タイミングや閲覧手段を選びません。

勤務中のオフィスのPCから 移動中にスマートフォンや携帯電話から 通勤途中の電車の中でも 顧客とのミーティングや商談の前に

「客観性」が違う!

大手資本に属さない「中立公正」な立場から、客観的な情報提供をお約束いたします。
現物商品や金融商品の「売り手や買い手」の当事者ではない、リサーチ専業会社の一番の強みです。

商品市場レポート for PRO のお申し込みはこちら

こんな方にオススメ 商品市場に専門で従事されている方ご自身で市場の見通しを構築されている方 市場関連のいくつかの情報ソースに既にアクセスできる方 たとえば:メーカー、商社の調達・購買担当者 機関投資家などの運用担当者

活用方法 商品市場をより深く理解するための「参考書」代わりに
「市場間の関連性」の整理や「市場全体」の把握に
相場の先行きを読み解く上での「ヒント」の取得に

配信方法と価格 配信方法 テキスト形式(メルマガ) 配信頻度 火曜〜金曜ならびに週末(土曜もしくは日曜)の計5回 ¥3,086/ 月(1 ライセンス)
※お一人様のご利用につき1ライセンスのご契約をお願いしております。
※ご利用はご契約者様ご自身の個人利用に限定させて頂き、ご契約者以外の他社、並びにご契約者の組織内の他部署及び支社・支店などへ転送することは、その方法にかかわらず一切できません。
※本レポートの転載、複写、その他の複製を固くお断りします。無断で行われた場合、損害賠償、著作権法の罰則の対象となることがありますので、ご注意ください。
※なお、複数ライセンスを前提とした法人契約(部署単位/会社単位)も承っております。金額などの詳細については、別途こちらからお問い合わせ下さい。
金額などの詳細については、別途お問い合わせください。

取扱商品 ■エネルギー
■非鉄(ベースメタル)
■鉄鋼原料
■貴金属
■農産品

お客様の声

MRA 商品市場レポート for PRO

JX日鉱日石エネルギー株式会社 国際事業本部 海外調達部

西尾様
(ご担当:原油調達、 担当商品: 原油全般)

JX日鉱日石エネルギー株式会社 国際事業本部 海外調達部

エネルギーの市場動向は、自社内のリソースや各種レポート等で逐一に把握可能です。
…続きを読む

EDGEBELL CAPITAL株式会社

鈴木様/鯉渕様
(ご担当:運用・ポートフォリオ管理、担当商品:商品全般)

EDGEBELL CAPITAL株式会社 鈴木様

当社は、グローバルな金融・経済環境の潮流を予測し、主に流動性の高い株式指数、債券、外国為替等を中心に運用するヘッジファンドです。
…続きを読む

商品市場レポート for PRO の申し込みはこちらから

サンプル紹介※クリックすると画像が立ち上がります。

▲ページのトップに戻る

商品市場レポート for PRO のバックナンバーはこちら

MRA 商品市場レポート for MANAGEMENT
他のレポートとは「違う!」5つの特徴

1 「まとめ方」が違う!

「逃してはならない必要なポイントを3 点で」。これが本レポートの最大の特徴です。マネジメントの皆様が最も興味のある「要は何?」という問いに対して、本レポートはその答えをとことん追求していきます。
- ポイントを「逃さず」「絞って」まとめる- 実はレポートを作成する上で最も難しい技術です。
これは、14 年間商品市場に従事してきた新村を筆頭に、商品市場ならびに金融市場を知り尽くした弊社アナリスト陣だからこそなせる技術です。多数の情報誌やメディアで残した実績も、この技術の賜物です。

2 「切り口」が違う!

「昨日何が起こって、今日は何に注目すればよいのか?」。マネジメントの皆様が最も知りたい情報は、まさにこの情報ではないでしょうか?世の中には数多くのレポートが発行されておりますが、この切り口で書かれたレポートはございません。不必要な情報をカットし、お客様の関心の高い情報のみをご提供いたします。

3 「情報の品揃え」が違う!

普段、商品市場に専門で従事されていないマネジメントの皆様にとって、情報収集作業は非常に手間のかかる作業です。お客様ご自身で市場動向を理解したり、まとめたりする上で必要なニュースや主要指標等は全てこのレポートに含まれております。各レポートや情報ソースから必要な情報を集めるという作業はもう必要ありません。
このレポート1 つで十分です。

4 「業務への活用範囲」が違う!

毎週末に配信するコラム、「ビジネスへのヒント」では、相場を理解する上で必要なトピックや業務に役立つ考え方についてわかりやすく解説しております。「これって誰に聞けばよいのだろう?」「そもそもこれって何だっけ?」といったマネジメントの皆様のちょっとしたお悩みにフォーカスをあてて解説していきます。

5 「客観性」が違う!

大手資本に属さない「中立公正」な立場から、客観的な情報提供をお約束いたします。
現物商品や金融商品といった商品の「売り手や買い手」の当事者ではない、リサーチ専業会社の一番の強みです。

商品市場レポート for MANAGEMENT の申し込みはこちらから

こんな方にオススメ 業務上、商品市場動向を把握する必要のある方
市場関連の情報ソースへのアクセスが十分でない方

活用方法 前日/ 当日の市場動向に関する要点整理に
社内向け報告資料(相場のまとめ等)の元ネタに
中期計画や予算作成における参考資料に

配信方法と価格
配信方法 PDF
配信頻度 火曜〜金曜ならびに週末(土曜もしくは日曜)の計5回
価格:¥10,286/ 月(1 ライセンス)

※お一人様のご利用につき1ライセンスのご契約をお願いしております。
※ご利用はご契約者様ご自身の個人利用に限定させて頂き、ご契約者以外の他社、並びにご契約者の組織内の
他部署及び支社・支店などへ転送することは、その方法にかかわらず一切できません。
※本レポートの転載、複写、その他の複製を固くお断りします。無断で行われた場合、損害賠償、著作権法の罰則の対象となることがありますので、ご注意ください。
※なお、複数ライセンスを前提とした法人契約(部署単位/会社単位)も承っております。
金額などの詳細については、別途こちらからお問い合わせください。

取扱商品 ■エネルギー
■非鉄(ベースメタル)

お客様の声

MRA 商品市場レポート for MANAGEMENT

DOWAホールディングス株式会社

中塩様
(ご役職: 取締役、 ご購読レポート:ベースメタル)

DOWAホールディングス株式会社 中塩様

我々メーカーにとって大切なことは、製造する商品の品質を高め、コストを削減し、損益分岐点を下げ、安定した操業をおこなうことです。各製造現場においては、血のにじむような努力を継続しているのです。
…続きを読む

サンコーインダストリー株式会社

奥山様
(ご役職: 代表取締役社長、 ご購読レポート:ベースメタル)

サンコーインダストリー株式会社 奥山様

私のMRA商品市場レポート for MANAGEMENTの使い方は、まず1枚目上段の「昨日の総括」と「本日の市場見通し」で市場を動かす主要な要因を抑えてしまいます。
…続きを読む

商品市場レポート for MANAGEMENT の申し込みはこちらから

サンプル紹介※クリックすると画像が立ち上がります。

商品市場レポート for PRO の申し込みはこちらから

▲ページのトップに戻る